モントリオールで銀行口座を開設する



どの銀行を選べばよい?

カナダには5大銀行と呼ばれるメガバンクがあります。

  • RBC: ロイヤル・バンク・オブ・カナダ
  • TD: TDカナダ・トラスト
  • Scotiabank: スコシア・バンク
  • BMO: バンク・オブ・モントリオール
  • CIBC: CIBC

これらの銀行であれば、街のいたるところで見かけますし、口座のプランも似たり寄ったりなのでどれを選んでもよいと思います。単純にカナダ国内の支店の数だけでみると、RBCが一番多く、その次がTDだそうです。

ちなみに私は、TDで口座を開設しました。TDはたまにプロモーションとして新規口座開設された方にタブレットを提供するなどの施策を行っているので、タイミングが合えばそちらを利用するのもよいと思います。


口座の種類

口座の種類は2つあります。
  • Checking Account
  • Saving Account

日本の普通預金にあたるのが Checking Account です。ATMでの引き出しやデビットカードの利用、チェック(小切手)の利用に便利な口座です。こちらでは家賃の支払いなどチェックを利用する機会が多いので、まずは Checking Account を開設するのがよいと思います。Saving Account は定期預金のようなものです。

夫婦で1つの口座を共有したい場合は Joint Account(共同口座) として開設することもできます。


Checking Account の口座プラン

口座プランは、大きく分けて以下の2点で異なるいくつかのプランがあります。

  • 月々の口座維持費
  • 月々の取引(Transactions)回数

銀行によって設定は多少異なるものの、どこも似たり寄ったりです。月々の口座維持費については預金残高が〇〇ドル以上(プランによる)で免除というような条件付きです。また、取引(Transactions)回数には、ATMでの引き出しや預け入れ、チェック(小切手)の利用、デビットカードの利用、インターネットバンキングなど思い当たるすべての取引が含まれます。

例えばTDの場合、以下のようなプランがあります(2017年3月現在)。

  • Every Day: 口座維持費10.95ドル(残高3,000ドル以上で免除)、取引回数25回まで
  • Unlimited: 口座維持費14.95ドル(残高4,000ドル以上で免除)、取引回数無制限
  • All-Inclusive: 口座維持費29.95ドル(残高5,000ドル以上で免除)、取引回数無制限、クレジットカード年会費免除など

銀行を利用する頻度などご自身のライフスタイルに合ったプランを選んでください。


用意するもの

  • 身分証明書2つ
  • 住所を証明できるもの

身分証明にはパスポートのほか滞在ビザやクレジットカードなどを持参してください。住所を証明できるものは、賃貸契約書などを持参すれば大丈夫です。


キャッシュカード(デビットカード)

キャッシュカード(デビットカード)はその場で発行してくれます。暗証番号を設定したら口座開設手続きは終了です。


インターネット/ケーブルテレビ

アクセスランキング トップ10